コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植村季野 うえむら すえの

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植村季野 うえむら-すえの

1858-1930 明治-大正時代,植村正久の妻。
安政5年8月5日生まれ。幼少より活発で男装して儒者の家塾にまなぶ。明治10年若松賤子(しずこ)とともに受洗,15年牧師の正久と結婚。和漢の古典に精通し,明治女学校の漢文教師もつとめた。昭和5年6月7日死去。73歳。紀伊(きい)日高郡(和歌山県)出身。フェリス女学校卒。旧姓は山内。号は秋華。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

植村季野の関連キーワード安政の大獄喜劇映画フランス映画ワールドカップ里見勝蔵スペリー熱雲ネグリチュード映画理論カリブ文学

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone