コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検察の在り方検討会議 ケンサツノアリカタケントウカイギ

2件 の用語解説(検察の在り方検討会議の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けんさつのありかた‐けんとうかいぎ〔‐ケンタウクワイギ〕【検察の在り方検討会議】

平成21年(2009)に発覚した障害者郵便割引制度不正利用事件の捜査にあたった大阪地検特捜部による証拠改竄(かいざん)事件を契機として、平成22年(2010)10月に法務省に設置された検討会。法務大臣私的諮問機関
[補説]法曹・警察関係者、学者、ジャーナリストなど15人の有識者で構成され、15回の会議を経て平成23年(2011)3月に「検察の再生に向けて」と題する提言を提出。内部監察体制の構築、取り調べの可視化(録音・録画)の拡大、供述調書に依存した捜査・公判の見直しなどを求めた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

検察の在り方検討会議

大阪地検特捜部不祥事を受け、改革のあり方を議論するため法相が設置した諮問機関。座長の千葉景子元法相のほか、弁護士や元検事、ジャーナリストら委員14人からなり、昨年3月に4項目の提言をまとめて活動を終えた。提言の主な内容は(1)「使命・役割と倫理」(基本規程の明文化など)(2)「人事・教育」(適切な人事配置など)(3)「組織とチェック体制」(監察部署の設置など)(4)「捜査・公判の在り方」(可視化の範囲拡大など)。最高検などは提言を踏まえ、改革を進めている。

(2012-09-21 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

検察の在り方検討会議の関連キーワード身体障害者手帳障害者障害者郵便心身障害者用低料第三種郵便物障害者週間思案橋の変障害者新法をめぐる動き障害者の就労堀田健一大山泰弘

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

検察の在り方検討会議の関連情報