コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検索エンジン ケンサクエンジン

7件 の用語解説(検索エンジンの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

検索エンジン

キーワードを入力すると、関連するWebサイトを探し出して表示するシステムのこと。検索エンジンには、Webサイトの情報が膨大なデータベースに蓄えられており、ポータルサイトが提供するサービスのひとつになっている。検索エンジンは、大きく3つの種類に分かれる。①サイトプログラムによってデータベース化した「ロボット型検索エンジン」、②サイトを人がカテゴリー別に分けてデータベース化した「ディレクトリー型検索エンジン」、③自前でデータベースを構築せずに、ほかの検索エンジンのデータベースを利用した「メタ型検索エンジン」である。例として、ロボット型ではGoogleディレクトリー型ではYahoo!が挙げられる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

検索エンジン

インターネット上で情報がどこにあるかを検索するためのサービス。一般的には「Yahoo!」や「Google」などのポータルサイト・サービスを指すが、実際にはポータルサイトの一機能として検索エンジンが使われている、という言い方が正しい。

(斎藤幾郎 ライター / 西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けんさく‐エンジン【検索エンジン】

search engine》⇒サーチエンジン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

けんさくエンジン【検索エンジン】

インターネット上に存在する情報を、キーワードなどで検索するためのシステム。また、そのシステムを利用できるウェブサイト。代表的なものとして、「Google」「Yahoo!」「goo(グー)」などがある。◇「検索サイト」「サーチエンジン」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

けんさくエンジン【検索エンジン】

インターネットの中から目的に応じた情報(主にウェブ-ページ)を検索する機能。また、そのためのサーバーやサービス。サーチ-エンジン。検索サービス。検索サイト。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

検索エンジン
けんさくえんじん
search engine

インターネットのWWWでは、数えきれないほどのページがあり、知りたい情報がどこにあるのかを発見することはむずかしい。そこで、キーワードから目的のページを検索する機能をもち、また、あらかじめ分類して体系的に整理したものを用意しているWWWのページを一般に検索エンジンといっている。代表的なものにYahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)などがある。[田村浩一郎]
 専用プログラムで自動的に情報収集するロボット型と、人の手で分類・登録するディレクトリ型がある。[編集部]
『神崎洋治・西井美鷹著『体系的に学ぶ検索エンジンのしくみ』(2004・日経BPソフトプレス、日経BP出版センター発売) ▽ジェフ・ルート、佐々木俊尚著『検索エンジン戦争――インターネットの覇権をめぐる興亡と争奪戦の物語』(2005・アスペクト)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

検索エンジン

インターネット上の膨大なウェブページから,利用者が必要とするページを検索するシステムあるいはサービス.ウェブページの収集・登録は,ページの作成者が登録する方式とロボットにより自動的に収集する方式に分かれ,検索は,あらかじめ用意されたカテゴリをたどる方式と検索式を入力する方式に分かれる.従来は情報検索分野で研究されてきたテキストの類似度により検索するシステムが多かったが,近年ではウェブページの特性を考慮に入れ,被リンク数に基づいて重要度を計算するページランクなどの手法も使われるようになってきている.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の検索エンジンの言及

【電子ドキュメント】より

…(3)検索 ドキュメント群からユーザーの所望の条件に合致したドキュメントおよびドキュメント内容を見つけ出すこと。インターネットでは,検索エンジンがWWWの情報を探すことを支援する。(4)表示・理解 ドキュメントを可視化してその内容を読み理解するためのツールの代表例がブラウザーである。…

※「検索エンジン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

検索エンジンの関連キーワードキーボードキーワード後方一致前方一致テンキーヘルプキーワード広告グーグルアドワーズwebキーボード単文節変換

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

検索エンジンの関連情報