コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検視官 ケンシカン

2件 の用語解説(検視官の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けんし‐かん〔‐クワン〕【検視官】

変死またはその疑いのある死体について犯罪性の有無を判断する検視を行う警察官のこと。日本での検視は、刑事訴訟法により検察官が行うことになっているが、司法警察員に代行させることができ、一般に司法警察員が行う。検視官は、そうした検視を行う警察官の通称。コロナー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

検視官

主に警視が就くが、必要に応じて警部も任命される。24時間態勢で遺体が見つかった現場に行き、体の表面を観察して外傷や抵抗した痕を確認。第一発見者や家族から発見時の状況や持病の有無について聞き取り、事件の疑いがあるかどうかを判断する。刑事として10年以上か、殺人事件などの捜査に4年以上の経験が必要。警察大学校法医学などの専門教育を受けなければならない。

(2016-01-19 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

検視官の関連キーワード監察医行政解剖司法解剖変死怪死有罪容疑犯罪死病乳変死者

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

検視官の関連情報