コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楊梅皮 ヨウバイヒ

デジタル大辞泉の解説

ようばい‐ひ〔ヤウバイ‐〕【×楊梅皮】

ヤマモモ樹皮。漢方で収斂(しゅうれん)・止血薬などに用いる。桃皮(ももかわ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

楊梅皮 (モモカワ・ヨウバイヒ)

植物。ヤマモモ科の常緑高木,園芸植物,薬用植物。ヤマモモの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

世界大百科事典内の楊梅皮の言及

【ヤマモモ】より

… ヤマモモ科は2属約40種からなり,南アフリカにヤマモモ属の多くの種がある。【岡本 素治】
[薬用]
 日本で開発された生薬で,樹皮を楊梅皮(ようばいひ)という。タンニン,フラボノイドのミリセチンmyricetinやミリシトリンmyricitrinを含む。…

※「楊梅皮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

楊梅皮の関連キーワード丁字染め山桃

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android