コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山桃/楊梅 ヤマモモ

デジタル大辞泉の解説

やま‐もも【山桃/楊梅】

ヤマモモ科の常緑高木。本州中部以西の地に多く、高さ約15メートル。葉は長楕円形で、革質。雌雄異株。4月ごろ開花し、雄花穂は黄褐色、雌花穂は花柱が紅色。実は球形で、夏に紅紫色に熟し、食用。樹皮染料、漢方では楊梅皮(ようばいひ)といい薬用。楊梅。しぶき。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やまもも【山桃】

ヤマモモ科の常緑高木。暖地に生える。葉は広倒披針形。雌雄異株。早春、腋生の短い花穂に黄褐色の小花を密生。果実は径約1.5センチメートルの核果で、初夏暗紅色に熟し、食べられる。樹皮は茶褐色系の染料に用いる。漢名、楊梅。 [季] 夏。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山桃 (ヤマモモ)

学名:Myrica rubra
植物。ヤマモモ科の常緑高木,園芸植物,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

山桃/楊梅の関連キーワード和菓子職人のじゅうす二条河原落書ざざんざ織芦原すなお松山桃子ゆうたま伊勢音頭岩田みつ谷地柳防火樹森猿男遊山暖地漢名核果密生果実小花早春

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android