コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

止血薬 しけつやく hemostatic

翻訳|hemostatic

5件 の用語解説(止血薬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

止血薬
しけつやく
hemostatic

血管を収縮させたり,血液を凝固させたりして出血を止める作用をする薬物の総称。外傷や病気による出血,あるいは手術などの際に使われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しけつ‐やく【止血薬】

止血剤」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

止血薬【しけつやく】

止血のため,血管収縮血液凝固などの作用により血管を閉鎖させる薬剤の総称で,次のようなものがある。1.血管収縮薬アドレナリン(局所性),スパルテイン(全身性)。
→関連項目止血尿毒症

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しけつやく【止血薬 hemostatic】

外傷,出血素因または各種疾患による出血を防止する薬物。多くの止血薬は,低下した血液凝固機能を補強するため,あるいは血管の抵抗性を強めるために全身投与が行われるが,表面出血を抑えるために局所に適用するものもある。作用機序のうえからは,血液凝固促進薬繊維素溶解系阻害薬血管強化薬などが含まれる。(1)血液凝固を促進する薬物 ビタミンKナフトキノン誘導体で,天然にはK1(フィトナジオン)とK2が存在し,K3(メナジオン)は合成薬である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

止血薬
しけつやく

紫斑(しはん)病や血友病、壊血病などの疾患、あるいは外傷や動脈硬化などで血管が損傷を受けたり破綻(はたん)したりして、出血がおこったとき、これを止めたり予防したりする薬物をいう。生体が損傷を受けて出血をおこしたときには、その防御機構として、(1)血管の収縮、(2)血小板の粘着・凝集、(3)血液の凝固、(4)線維素の溶解、といった機能が働く。すなわち、血管が損傷を受けると出血する。出血するとただちに血管組織からトロンボプラスチンという酵素が放出され、また、血小板が凝集し、その一部が融解して同じくトロンボプラスチンを放出する。このトロンボプラスチンが血中のカルシウムイオンによって活性化され、プロトロンビンからトロンビンとなる。トロンビンは血漿(けっしょう)フィブリノーゲンに働いてフィブリンを生成し、このフィブリン線維が絡み合って血栓をつくり、凝血が始まる。そして損傷部は凝血で覆われ、出血が止まる。一方、余分な血栓は線維素溶解酵素のプラスミンによって溶解される。
 止血薬には次のようなものがある。
〔1〕血管を収縮させて作用するもの エピネフリン(アドレナリン)。
〔2〕子宮出血を止めるもの 麦角製剤。
〔3〕血管を補強するもの カルバゾクロム製剤(「アドナ」「アドクロン」など)、ルチン、ビタミンC(アスコルビン酸)、結合型エストロゲンなど。
〔4〕血小板に働くもの 血小板機能亢進(こうしん)エタンシラート、ヘビ毒からとったヘモコアグラーゼ(「レプチラーゼ」)。
〔5〕血液の凝固を促進するもの トロンボプラスチン製剤、トロンビン様物質、ビタミンK製剤、フィブリン製剤、カルシウム製剤、ゼラチン製剤、酸化セルロース。
〔6〕その他 抗プラスミン剤であるイプシロンアミノカプロン酸(「イプシロン」)、トラネキサム酸(「トランサミン」)。抗凝血剤のヘパリンに拮抗(きっこう)する硫酸プロタミンも、止血薬の一つと考えられる。
 止血薬の使用法には、外用として局所に直接塗布または貼布(ちょうふ)するものと、内服や注射で全身的に投与するものがある。外用にはエピネフリン液のほか、塩化鉄液、タンニン酸液などの収斂(しゅうれん)剤があり、トロンビンなどは粉末を散布する。ゼラチンは内服や注射のほか、スポンジを用いての外用もある。酸化セルロースは外科でよく用いられる。ほかに、骨の手術時の止血に用いられる止血蝋(ろう)(あるいは骨蝋)がある。ビタミンK製剤、カルバゾクロム製剤は内服と注射で用いられる。[幸保文治]
『松田保著『止血・血栓の臨床』(1996・新興医学出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

止血薬の関連キーワード機能性子宮出血結膜下出血出血内出血南米出血熱脳膜出血出血性素因子宮出血歯肉出血性器不整出血

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

止血薬の関連情報