コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楚囚之詩 そしゅうのし

大辞林 第三版の解説

そしゅうのし【楚囚之詩】

自由律の長詩。北村透谷作。1889年(明治22)刊。政治犯として獄中にある「余」の孤独な思念を歌い、自由民権運動挫折後の透谷の内面的葛藤を投影した代表作。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

楚囚之詩の関連キーワード代表作自由律政治犯惨憺通貫思念葛藤現然長詩雄豪睥睨

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android