コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楚囚之詩 そしゅうのし

2件 の用語解説(楚囚之詩の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

そしゅうのし【楚囚之詩】

自由律の長詩。北村透谷作。1889年(明治22)刊。政治犯として獄中にある「余」の孤独な思念を歌い、自由民権運動挫折後の透谷の内面的葛藤を投影した代表作。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

楚囚之詩の関連キーワード饗庭篁村広島(市)森有礼メネリク[2世]ストレンジ二葉亭四迷ペルス=ライケンマクブライドメタテクシス斑晶

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone