コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

業感縁起 ごうかんえんぎ

3件 の用語解説(業感縁起の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

業感縁起
ごうかんえんぎ

仏教用語。一切は縁 (よ) りて起るという説 (縁起説) の一種。世界のあらゆる現象は,生き物の業因によって生じたものであるという説。部派仏教,特に有部では,この説をとっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ごうかん‐えんぎ〔ゴフカン‐〕【業感縁起】

仏語。一切の現象は、衆生の業因によって生じたものであるとする小乗仏教の世界観。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

業感縁起【ごうかんえんぎ】

部派仏教の教説の一つ。縁起論の一種。万有一切の現象は衆生の業因によって感じ生じたものとする説。→縁起
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の業感縁起の言及

【縁起】より

…すなわち無明を究極原因とし,生・老死を最終結果とする十二の因果の連続体がわれわれ有情(うじよう)のあり方であり,そこにはなんら固定的・実体的な自我(アートマン)は存在しないという。原始仏教いらい説かれるこの十二支縁起を〈業感縁起〉といい,これと,大乗の瑜伽行唯識派の〈阿頼耶識縁起〉,如来蔵思想の〈如来蔵縁起〉,華厳宗の〈法界縁起〉とをあわせて四種縁起とよぶことがある。【横山 紘一】
[日本における縁起]
 〈縁起〉の語義の解釈には諸説があり,その推移をたどることはさながら仏教教説史を説くことになる。…

【説一切有部】より

… 有部は人間の苦の直接の原因を,誤った行為(業)とみ,その究極の原因を煩悩(惑)と考えた。すなわち人間の存在を惑→業→苦の連鎖とみる(これを業感縁起という)。それゆえ人間が苦からのがれ涅槃(さとり)の境地を得るためには,煩悩を断ずればよいことになる。…

※「業感縁起」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

業感縁起の関連キーワード因果教化一切皆空一切智空門無常観一切皆成巻起る沸き起る湧き起る

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone