コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

業感縁起 ごうかんえんぎ

3件 の用語解説(業感縁起の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

業感縁起
ごうかんえんぎ

仏教用語。一切は縁 (よ) りて起るという説 (縁起説) の一種。世界のあらゆる現象は,生き物の業因によって生じたものであるという説。部派仏教,特に有部では,この説をとっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

業感縁起【ごうかんえんぎ】

部派仏教の教説の一つ。縁起論の一種。万有一切の現象は衆生の業因によって感じ生じたものとする説。→縁起
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の業感縁起の言及

【縁起】より

…すなわち無明を究極原因とし,生・老死を最終結果とする十二の因果の連続体がわれわれ有情(うじよう)のあり方であり,そこにはなんら固定的・実体的な自我(アートマン)は存在しないという。原始仏教いらい説かれるこの十二支縁起を〈業感縁起〉といい,これと,大乗の瑜伽行唯識派の〈阿頼耶識縁起〉,如来蔵思想の〈如来蔵縁起〉,華厳宗の〈法界縁起〉とをあわせて四種縁起とよぶことがある。【横山 紘一】
[日本における縁起]
 〈縁起〉の語義の解釈には諸説があり,その推移をたどることはさながら仏教教説史を説くことになる。…

【説一切有部】より

… 有部は人間の苦の直接の原因を,誤った行為(業)とみ,その究極の原因を煩悩(惑)と考えた。すなわち人間の存在を惑→業→苦の連鎖とみる(これを業感縁起という)。それゆえ人間が苦からのがれ涅槃(さとり)の境地を得るためには,煩悩を断ずればよいことになる。…

※「業感縁起」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone