コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上等 ジョウトウ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐とう〔ジヤウ‐〕【上等】

[名・形動]
物の品質や出来ばえなどが、すぐれてよいこと。また、そのさま。優秀。「上等な品」⇔下等
申し分がないさま。結構。上出来。満足。「マラソンで10着に入れば上等だ」
等級が上であること。等級が上のもの。
「船賃は―にて十円か十五円」〈福沢福翁自伝
[補説]2は、「喧嘩上等」「左遷だって。上等じゃないか」のように、一般には避けるのが普通の物事に向こう見ずに飛びついたり、落胆するような場面でそれがどうしたと居直ったりする気分で使うことがある。
[派生]じょうとうさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうとう【上等】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
上の等級であること。また、そのもの。 「 -は浴衣ゆかたをかして、流しをつけて八銭で済む/坊っちゃん 漱石
品質・状態などがすぐれている・こと(さま)。 「これだけ出来れば-だ」 「 -な服」
▽↔ 下等

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

上等の関連キーワードニューヨークカット七度焼き・七度焼灘の生一本腐っても鯛坊っちゃん長浜縮緬御膳蕎麦御膳上等五島鯣剣先鯣吉野葛一等兵極摺り榧の油碾き茶奈良墨京白粉粗酒名菓根岸

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上等の関連情報