コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極成層圏雲 キョクセイソウケンウン

2件 の用語解説(極成層圏雲の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょくせいそうけん‐うん【極成層圏雲】

極地や高緯度地域で、成層圏の高度20キロメートル付近に現れる特殊な雲。セ氏零下80度程度まで気温が下がり、大気中の水蒸気硝酸硫酸などが凝結することによって形成される。通常の雲よりも高い空にできるため、日出前や日没後も太陽光があたり、虹色に輝いて見える。極域成層圏雲極成層雲真珠母雲(しんじゅぼぐも)。真珠雲。PSC(polar stratospheric cloud)。
[補説]極成層圏雲を形成する雲粒は、オゾンを破壊する塩素原子を放出しやすい塩素化合物を蓄積するなど、オゾン層の破壊に深く関与していると考えられている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

極成層圏雲【きょくせいそうけんうん】

成層圏に現れるエーロゾルの雲,氷,硫酸や硝酸の液滴が凍ったものなどからなる氷晶。極域は冬季太陽があたらないため温度が下がる。−75℃より下がると上記の氷ができ雲を形成する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

極成層圏雲の関連キーワードグード図法成層圏高緯度高度地区ストラトビジョンストラトポーズトロポポーズ北極振動極域成層圏雲突然昇温

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone