コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極成層圏雲 キョクセイソウケンウン

2件 の用語解説(極成層圏雲の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょくせいそうけん‐うん【極成層圏雲】

極地や高緯度地域で、成層圏の高度20キロメートル付近に現れる特殊な雲。セ氏零下80度程度まで気温が下がり、大気中の水蒸気硝酸硫酸などが凝結することによって形成される。通常の雲よりも高い空にできるため、日出前や日没後も太陽光があたり、虹色に輝いて見える。極域成層圏雲極成層雲真珠母雲(しんじゅぼぐも)。真珠雲。PSC(polar stratospheric cloud)。
[補説]極成層圏雲を形成する雲粒は、オゾンを破壊する塩素原子を放出しやすい塩素化合物を蓄積するなど、オゾン層の破壊に深く関与していると考えられている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

極成層圏雲【きょくせいそうけんうん】

成層圏に現れるエーロゾルの雲,氷,硫酸や硝酸の液滴が凍ったものなどからなる氷晶。極域は冬季太陽があたらないため温度が下がる。−75℃より下がると上記の氷ができ雲を形成する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone