コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楽宗入 らく そうにゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楽宗入 らく-そうにゅう

1664-1716 江戸時代前期-中期の陶工。
寛文4年生まれ。雁金屋(かりがねや)三右衛門の子。尾形光琳(こうりん)の従弟(いとこ)。京都の楽家4代一入(いちにゅう)の弟子で,娘婿となり5代をつぐ。初代長次郎の作風をならい,遺作残月亭鬼瓦などがある。享保(きょうほう)元年9月3日死去。53歳。通称は惣吉,吉左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

楽宗入の関連キーワード玉水弥兵衛(初代)久兵衛楽左入太兵衛楽道入陶工宗入

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android