コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

律呂 りつりょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

律呂
りつりょ

中国,日本の音楽理論用語。音律のこと。中国では十二律を6ずつの2グループに分けて律ととし,律呂と併記して音律の意味に用いた。音律に関する文献は,多く「律呂」の語が題名に含まれている。日本の音楽文献のなかにもこれを流用したものがある。しかし,日本の雅楽では,律,呂の意味が中国の場合と違って,音階の名称になっていることもあるし,両者を併記する場合も,中国とは逆に呂律ということが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りつりょ【律呂】

中国や日本の音楽用語。呂律(りよりつ)ともいう。本来の字義は,陽陰,天地甲乙のように,なんらかの集合を二つに分けた場合の名称で,律が標準的なもの,呂がそれに対するものという用い方もあるが,律,呂それぞれに特定の概念があるわけではない。中国では古来音律の意味で律呂の字を用いる(蔡元定《律呂新書》など)。この音律は楽律ともいい,音組織上の音高に関する規定をもさす。〈十二律呂〉という場合は,十二律を六つずつに分けたものをいい,奇数番目の6音律を,偶数番目の6音律をという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りつりょ【律呂】

日本音楽で、律と呂をあわせた称。転じて、十二律・音律・音階・調子など、さらには広く音楽理論や音楽そのものをさす。呂律。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

律呂
りつりょ

中国および日本の音楽用語で「呂律(りょりつ)」ともいう。
(1)音律の意味。十二律の奇数番目の六つの音律を律、偶数番目の六つの音律を呂といい(六律六呂)、その両者をあわせて「十二律呂」とよぶ。律呂はその略称で「楽律」ともいう。
(2)旋法または音階を2分類するための用語。この分類の仕方は便宜的なもので、時代によって内容の規定は異なる。現在では壱越調(いちこつちょう)、双調(そうぢょう)、太食調(たいしきちょう)の3調子が呂旋(りょせん)、また平調(ひょうぢょう)、黄鐘調(おうしきちょう)、盤渉調(ばんしきちょう)の3調子が律旋(りっせん)に分類されている。この場合、十二律の個々の音を2分類する律呂とは意味が異なり、たとえば壱越調は呂旋に属するが、壱越の音は律ということになる。[千葉潤之介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の律呂の言及

【律管】より

…中国で古来,音の高さを示すために考案された管で,または律呂(りつりよ)と呼んだ。起源に関しては,黄帝(こうてい)が伶倫に命じて竹で十二律を作らせたという伝説がある。…

※「律呂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

律呂の関連キーワード虜・侶・呂・慮・旅・膂・虜律・慄・率・立律呂三十六声中国音楽鶴沢清七佐山検校律呂正義朱載いく朱載堉楽家録太食調壱越調橘南谿律管盤渉平調返す江永楽書

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android