コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楽興の時

デジタル大辞泉プラスの解説

楽興の時

ロシアの作曲家セルゲイ・ラフマニノフのピアノ曲集(1896,1940)。原題《Six Moments musicaux》。『6つの楽興の時』とも呼ばれる。全6曲。

楽興の時

オーストリアの作曲家フランツ・シューベルトのピアノ曲集D780(1823-28)。原題《Moments musicaux》。『楽に寄す』とも呼ばれる。6曲からなる。即興的で自由な楽想をもつ小品。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

がっきょうのとき【楽興の時】

《原題、〈フランス〉Moments musicauxシューベルトのピアノ曲集。全6曲。1823年から1828年にかけての作。即興的で自由な楽想をもつ。第3曲ヘ短調がもっともよく知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

がっきょうのとき【楽興の時】

シューベルトのピアノ曲集。1823~27年作曲。親しみやすい自由な形式の小品六曲からなる。第三番ヘ短調が有名。ラフマニノフにも同名のピアノ曲集(1896年作曲)がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楽興の時
がっきょうのとき
Moments musicauxフランス語

シューベルトが作曲した6曲からなるピアノ小曲集。1828年出版(作品94、D780)。直訳すると「音楽の瞬間」という題名が示すように、当時作曲の主流を占めていた「ソナタ」の大規模かつ堅固な構成とは対照的に、親しみやすく即興的な性格をもった小品である。その意味でこの曲集は、ロマン派の作曲家に愛好され爆発的に流行した「性格小品」Charakterstck(シューマンの『子供の情景』など)の先駆的作品といえよう。なお、ラフマニノフの初期作品にも同名の小曲集がある(1896ころ)。[三宅幸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

楽興の時の関連キーワードシューベルト:楽興の時/piano soloキャラクタ・ピースキャラクターピース大西順子

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android