槿花一日の栄(読み)キンカイチジツノエイ

  • =一日(いちじつ)の栄(えい・さかえ)
  • =一晨(いっしん)の栄(さかえ)・=一朝(いっちょう)の栄(さかえ)
  • きんか
  • 槿花
  • 槿花(きんか)一日(いちじつ)の栄(えい)

精選版 日本国語大辞典の解説

栄華のはかないことのたとえ。つかのまの盛り。槿花一日。
※妻鏡(1300頃か)「松樹千年終に是朽ぬ。槿花(キンク)一日の栄(サカヘ)に誇る事なかれ」 〔白居易‐放言五首詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

朝咲いて夕べにはしぼんでしまう槿花は、その華麗な花の美しさも一日のものでしかない。華のはかないことのたとえ。

[使用例] 朝顔は〈〉その花が槿花一朝の栄えであるというところから、絶えず可憐な花として歌われ[若月紫蘭*東京年中行事|1911]

[解説] 白居易の「放言五首」に「松樹は千年なるもついこれ朽つ、槿花は一日なるも自ら栄を為す」とあります。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

栄華のはかないことのたとえ。

[使用例] 朝顔は〈略〉その花が槿花一朝の栄えで有ると云う所から、絶えず可憐な花として歌われ[若月紫蘭*東京年中行事|1911]

[由来] 八~九世紀の中国、唐王朝の時代の詩人、白居易の詩の一節から。「松の木は一〇〇〇年経ってようやく枯れるが、『槿花は一日にして自ずから栄をす(朝咲いて夕べにはしぼんでしまうムクゲの花は、一日だけで自然と盛りが終わる)』」とうたって、現世に執着することの愚かさを説いています。なお、「槿」はムクゲのことですが、朝顔のことだと解釈されることもあります。

〔異形〕槿花一朝の栄え/槿花一朝の夢。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android