コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妻鏡 つまかがみ

2件 の用語解説(妻鏡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

妻鏡
つまかがみ

鎌倉時代後期の仏教説話集。臨済僧道鏡一円 (1226~1312) の編。1巻。一円は無住と号し,大円国師と諡 (おくりな) された人 (→無住一円 ) 。その晩年の編と考えられる。無常観,修行,業因,持戒などの説話を集め,婦人を対象としたために『妻鏡』という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つまかがみ【妻鏡】

鎌倉時代の仏教書。無住著。1巻。13世紀末ごろの成立。鎌倉の武士の家に生まれた無住は,諸宗の教えを学んだ後,30代の半ばに尾張の長母寺に住みついて庶民教化につとめた。本書は晩年の無住が,仏教の基本を平易な仮名交り文で説き明かしたもので,民間の布教者無住の,一宗一派にとらわれない立場と主張が簡潔に述べられている。引用される説話には《沙石集》《雑談(ぞうたん)集》と共通のものが少なくない。【大隅 和雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

妻鏡の関連情報