コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樋沢遺跡 ひざわいせき

2件 の用語解説(樋沢遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

樋沢遺跡
ひざわいせき

長野県岡谷市と塩尻市にまたがる縄文時代早期の遺跡。 1952年に発掘された。土器,石器が出土する。土器は押型文土器を主体とするが,押型文のうち山形文が 75%を占め,楕円文 20%,格子目文5%となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

樋沢遺跡
ひざわいせき

長野県岡谷(おかや)市樋沢と塩尻(しおじり)市勝弦(かつつる)にまたがって所在する縄文時代早期の遺跡。湿原に臨む塩嶺(えんれい)山塊南側斜面に立地する。標高約1000メートル。1952年(昭和27)藤森栄一、戸沢充則らによって調査された。この遺跡は、縄文時代早期押型文(おしがたもん)系土器の型式的な変化が層位的に確認された遺跡として著名である。下層からはおもに山形文を帯状に施文(せもん)する押型文土器(樋沢式)が、上層からはおもに楕円(だえん)文を器面全体に施文する押型文土器(細久保式)が検出され、樋沢式が細久保式より古い型式であることが確認された。石器では樋沢式に伴出した局部磨製石鏃(せきぞく)が特徴的である。なお最近の調査では、樋沢式期の竪穴(たてあな)住居址(し)も検出されている。[戸沢充則]
『戸沢充則「樋沢押型文遺跡」(『石器時代』第2号所収・1955・石器時代研究会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

樋沢遺跡の関連キーワード長野県岡谷市赤羽長野県岡谷市今井長野県岡谷市内山長野県岡谷市長地梨久保長野県岡谷市銀座長野県塩尻市宗賀長野県岡谷市南宮長野県岡谷市本町長野県岡谷市湊長野県岡谷市若宮

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone