コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤森栄一 フジモリエイイチ

デジタル大辞泉の解説

ふじもり‐えいいち〔ふぢもり‐〕【藤森栄一】

[1911~1973]考古学者。長野の生まれ。諏訪中学卒業後、さまざまな職業に就きながら考古学を研究した。著「かもしかみち」「石器土器の話」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤森栄一 ふじもり-えいいち

1911-1973 昭和時代の考古学者。
明治44年8月15日生まれ。森本六爾(ろくじ)にまなび,昭和25年郷里の長野県で諏訪考古学研究所を設立。井戸尻(いどじり)遺跡群などを発掘し,在野の立場から縄文中期農耕論などを提唱した。43年長野県考古学会会長。昭和48年12月19日死去。62歳。旧制諏訪中学卒。著作に「かもしかみち」「銅鐸(どうたく)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふじもりえいいち【藤森栄一】

1911~1973) 考古学者。長野県生まれ。旧制諏訪中学卒。諏訪考古学研究所所長。主著「銅鐸」「かもしかみち」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の藤森栄一の言及

【井戸尻遺跡群】より

…また,縄文文化の一つの最盛期をつくったといわれる中部地方の縄文中期文化の様相を,余すところなく代表するような,質量ともにすぐれた多くの遺物,住居址その他の遺構が出土している。1958年以降数年間にわたって井戸尻遺跡群を組織的に発掘調査した藤森栄一,武藤雄六らが,60年に曾利遺跡の第5号住居址から発見された〈ひねりもち状炭化物〉や,出土した打製石斧などの石器,土器の研究をもとに,従来から仮説としてあった〈縄文中期農耕説〉を積極的に主張したことは有名である。信濃境駅近くにある井戸尻考古館には,井戸尻遺跡群を中心として出土した豪華な縄文土器はもとより,貴重な資料が収蔵・陳列されている。…

※「藤森栄一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

藤森栄一の関連キーワード藤森 栄一茶臼山遺跡森本 六爾昭和時代縄文農耕樋沢遺跡藤森主著

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android