塩尻市(読み)しおじり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「塩尻市」の解説

塩尻〔市〕
しおじり

長野県中部,松本盆地南端と木曾谷の北端を占める市。 1959年塩尻町,片丘村,広丘村,宗賀村,筑摩地村が合体して市制。 1961年洗馬 (せば) 村,2005年楢川村を編入。北東部は諏訪盆地との境にある塩尻峠に向けてゆるい傾斜をもつ山地で,北西部は桔梗ヶ原と呼ばれる台地である。南西部の木祖村との境には木曾川奈良井川の分水界をなす鳥居峠がある。松本盆地,諏訪盆地,伊那盆地,木曾谷を結ぶ交通の要地にあり,塩尻は江戸時代に中山道の塩尻峠を控えた宿場町として発展。なかでも奈良井宿は中山道の木曾谷 11宿で最もにぎわいをみせた。鉄道の開通後も交通の要地で,JR中央本線と篠ノ井線が塩尻で分岐し,駅前に中心市街地大門が形成された。諏訪湖周辺からの精密機械工業の進出が多い。南部の平沢と奈良井は漆器生産で知られる。中北部の洗馬は中山道と北国西街道の分岐点で,北東部には三州街道の善知鳥 (うとう) 峠がある。桔梗ヶ原を中心に果樹栽培が行なわれ,ワイン工場がある。市街地南部の平出遺跡 (国指定史跡) からは縄文中期から平安時代の住居跡が出土している。一部は八ヶ岳中信高原国定公園塩嶺王城県立自然公園中央アルプス県立自然公園に属する。国道 19号線,20号線,153号線が通じ,長野自動車道のインターチェンジがある。面積 289.98km2(境界未定)。人口 6万7135(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android