コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

権利株 けんりかぶ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

権利株
けんりかぶ

会社の成立前,または新株発行の効力発生前における株式の引き受けによる権利。権利株の譲渡を自由に認めると投機濫用を助長し,会社の基礎をそこなうおそれがあるので,かつて絶対に無効とされた。しかし 1950年の商法改正で,会社に対しては効力を生じないが,当事者間では有効とされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けんり‐かぶ【権利株】

会社の成立前または新株発行の効力発生前における株式引受人の地位。または株式引受けによる権利。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんりかぶ【権利株】

会社の成立前または新株発行の効力発生前における株式引受人がもつ権利。株式引受人たる地位。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

権利株
けんりかぶ

会社成立前または新株発行の効力発生前の株式引受人の地位。その譲渡は、譲渡当事者間では有効であるが、譲渡したことを会社に主張することはできない(会社法35条、50条2項、63条2項、208条4項)。すなわち、権利株の譲渡がなされても、会社は当初の株式引受人を相手に設立手続・株券発行手続を進めればよい。その譲渡を自由に認めてしまうと、会社が株主名簿を作成する際や、株券を発行する際に、その時点の権利株主をいちいち探知しなければならず、株主名簿の整備・株券発行事務が円滑にいかなくなるからである。[戸田修三・福原紀彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android