コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

権藤震二 ごんどう しんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

権藤震二 ごんどう-しんじ

1872*-1920 明治-大正時代のジャーナリスト。
明治4年12月3日生まれ。権藤成卿(せいきょう)の弟。「東京日日新聞」記者として日清戦争従軍明治34年日本広告の創立にくわわり,その後身日本電報通信社(現電通)取締役となる。大正3年シーメンス事件にかかわって退社。大正9年1月21日死去。50歳。福岡県出身。専修学校(現専修大)卒。号は雷軒,高良山人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

権藤震二

没年:大正9.1.21(1920)
生年:明治4.12.3(1872.1.12)
明治時代のジャーナリスト,実業家。号は雷軒,高良山人。権藤直の次男として現在の福岡県久留米市に生まれる。兄は権藤成卿。明治27(1894)年専修学校(専修大学)を卒業し,『毎日新聞』に入社。日清戦争(1894~95)に従軍記者として派遣された。のち『北国新聞』の主筆などを経て,40年日本電報通信社(電通)が発足すると重役となった。電通創設者光永星郎の伝記『八火伝』によれば,権藤は物事にこだわらぬ無邪気な性格で,気骨もあり,詩文に通じ,電通の通信文の名声を高めたという。大正3(1914)年シーメンス事件に連座し,辞任に追い込まれた。<参考文献>黒竜会編『東亜先覚志士記伝』下(復刻,1966)

(小宮一夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

権藤震二の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android