コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オウ

デジタル大辞泉の解説

おう【横】[漢字項目]

[音]オウ(ワウ)(呉) [訓]よこ
学習漢字]3年
〈オウ〉
よこ。よこにする。よこになる。「横臥(おうが)横断横転縦横
ほしいまま。かって気まま。「横行横柄横暴横領専横
普通でない。「横禍横死
あふれ出る。「横溢(おういつ)横流
〈よこ〉「横顔横綱横道横文字真横

よこ【横】

水平の方向。また、その長さ。「首をに振る」「瓶をにする」「手をに伸ばす」⇔
左右の方向。また、その長さ。「に並ぶ」「便箋をにして手紙を書く」⇔
立体や平面の短い方向。側面。「樽のに穴をあける」⇔
物のかたわら。脇。「の席に座る」「を見る」
無関係の立場。局外。「から口を出す」「話がにそれる」
東西の方向。「東京をに走る道路」⇔
身分・階級などによらない、同列あるいは別種のものどうしの関係。「の連絡を密にする」⇔
正しくないこと。また、道理に合わないこと。不正。「を言う」
織物の横糸。⇔
10 客のある遊女が他の客や情夫と密会すること。
「透(すき)をみて―をいたしたがる」〈浮・色三味線・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よこ【横】

(上下に対して)水平の方向。また、その長さ。 ⇔ 「 -に長い建物」
(前後に対して)左右への方向。また、その長さ。 ⇔ 「 -に並ぶ」 「 -から見た顔」
(比喩的に)上司・部下の関係ではなく、同僚の関係。 ⇔ 「 -の人間関係を大事にする」
東西の方向。また、その距離。 ⇔
立っていないで、ねかしてあること。 「道標は古びて-になっていた」
正面・背面ではなく、物の側面。 「箱の-」 「家の-に勝手口を作る」
かたわら。わき。左右。 「読みかけの本を-におく」 「じっと-で監視している」
関係ない方面。局外。 「 -から出しゃばる」
よこ」に同じ。 ⇔ たて
不正。よこしま。 「年中偽と-と欲とを元手にして世をわたり/浮世草子・一代女 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

横の関連キーワード横蔵寺(おうぞうじ)サイドストローク青森シャモロック折り詠草・折詠草全五/半五/全三サイドステップサイドパートヨーイングローリング横河時介横たえる半切り紙心胸郭比横裂き横薙ぎ横紋筋横銜え三味線寝転ぶ横太り

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

横の関連情報