コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 オウ

3件 の用語解説(横の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おう【横】[漢字項目]

[音]オウ(ワウ)(呉) [訓]よこ
学習漢字]3年
〈オウ〉
よこ。よこにする。よこになる。「横臥(おうが)横断横転縦横
ほしいまま。かって気まま。「横行横柄横暴横領専横
普通でない。「横禍横死
あふれ出る。「横溢(おういつ)横流
〈よこ〉「横顔横綱横道横文字真横

よこ【横】

水平の方向。また、その長さ。「首をに振る」「瓶をにする」「手をに伸ばす」⇔
左右の方向。また、その長さ。「に並ぶ」「便箋をにして手紙を書く」⇔
立体や平面の短い方向。側面。「樽のに穴をあける」⇔
物のかたわら。脇。「の席に座る」「を見る」
無関係の立場。局外。「から口を出す」「話がにそれる」
東西の方向。「東京をに走る道路」⇔
身分・階級などによらない、同列あるいは別種のものどうしの関係。「の連絡を密にする」⇔
正しくないこと。また、道理に合わないこと。不正。「を言う」
織物の横糸。⇔
10 客のある遊女が他の客や情夫と密会すること。
「透(すき)をみて―をいたしたがる」〈浮・色三味線・一〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

よこ【横】

(上下に対して)水平の方向。また、その長さ。 ↔ 「 -に長い建物」
(前後に対して)左右への方向。また、その長さ。 ↔ 「 -に並ぶ」 「 -から見た顔」
(比喩的に)上司・部下の関係ではなく、同僚の関係。 ↔ 「 -の人間関係を大事にする」
東西の方向。また、その距離。 ↔
立っていないで、ねかしてあること。 「道標は古びて-になっていた」
正面・背面ではなく、物の側面。 「箱の-」 「家の-に勝手口を作る」
かたわら。わき。左右。 「読みかけの本を-におく」 「じっと-で監視している」
関係ない方面。局外。 「 -から出しゃばる」
よこ糸 」に同じ。 ↔ たて
不正。よこしま。 「年中偽と-と欲とを元手にして世をわたり/浮世草子・一代女 3

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

横の関連キーワード伏角縦断水平水平線其の方向く空様

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

横の関連情報