コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

治打撲一方 ぢだぼくいっぽう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ぢだぼくいっぽう【治打撲一方】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)川芎(せんきゅう)樸樕(ぼくそく)または桜皮(おうひ)川骨(せんこつ)桂皮(けいひ)丁子(ちょうじ)大黄(だいおう)甘草(かんぞう)などを含む。日本でつくられた漢方を意味する「本朝経験方(ほんちょうけいけんほう)」による処方。打撲捻挫(ねんざ)などの腫(は)れや痛みをおさえるのに用いる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報