コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘夫人厨子 タチバナフジンズシ

デジタル大辞泉の解説

たちばなふじん‐ずし〔‐ヅシ〕【橘夫人厨子】

光明皇后の母、橘三千代念持仏と伝える阿弥陀三尊像を安置する木造の厨子。法隆寺金堂天蓋(てんがい)を模した天蓋付きの龕(がん)と須弥座(しゅみざ)および台脚からなり、高さ約2.7メートル。三尊・蓮池などの金工技術、黒漆塗りの龕の扉に金泥(きんでい)で描かれた線描画や須弥座の彩色画などは奈良初期の貴重な遺例。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

橘夫人厨子の関連キーワード県犬養橘三千代光明皇后阿弥陀仏密陀絵持仏

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android