コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘夫人厨子 タチバナフジンズシ

デジタル大辞泉の解説

たちばなふじん‐ずし〔‐ヅシ〕【橘夫人厨子】

光明皇后の母、橘三千代念持仏と伝える阿弥陀三尊像を安置する木造の厨子。法隆寺金堂天蓋(てんがい)を模した天蓋付きの龕(がん)と須弥座(しゅみざ)および台脚からなり、高さ約2.7メートル。三尊・蓮池などの金工技術、黒漆塗りの龕の扉に金泥(きんでい)で描かれた線描画や須弥座の彩色画などは奈良初期の貴重な遺例。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

橘夫人厨子の関連キーワード県犬養橘三千代光明皇后阿弥陀仏密陀絵持仏

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android