コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

念持仏 ネンジブツ

5件 の用語解説(念持仏の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ねんじ‐ぶつ〔ネンヂ‐〕【念持仏】

日常身につけたり身辺に置いたりして拝む仏像。また、本尊として信仰する仏。持仏。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

念持仏【ねんじぶつ】

持仏,内仏とも。毎日,個人が礼拝のために身近に安置した仏像。枕(まくら)本尊や今日の仏壇に安置された像もこの一種。龕(がん)や厨子(ずし)に納められ,小型の場合が多いが,独立した部屋や小堂を持仏堂とした比較的大きな念持仏もあった。
→関連項目龕像枕本尊

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ねんじぶつ【念持仏】

個人が朝夕に帰依礼拝する仏像で,単に持仏あるいは内仏(うちぼとけ)ともいう。また,枕辺近くに安置するところから枕本尊ともよばれる。その多くは小金銅仏,小木仏で,簡素な宮殿(くうでん)(龕(がん)),厨子(ずし)などに安置される。元来念持仏は自宅の一室に宮殿,厨子を安置し,私的に礼拝するものであるが,別棟や小堂を設ける場合もあり,これを持仏堂という。今日各家庭にみる仏壇江戸時代にその形態が成立するが,これは念持仏安置が一般化し,普及発展したものといえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ねんじぶつ【念持仏】

〘仏〙 平生身につけたり、私室に安置したりして信仰する仏像。持仏。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

念持仏
ねんじぶつ

私的に尊崇して日常礼拝(らいはい)し、読経するなどして念じている仏・菩薩(ぼさつ)などの像。持仏、内仏(うちぼとけ)、あるいは枕本尊(まくらほんぞん)ともよばれ、戦乱時には陣中で護持したところから陣仏(じんぼとけ)、遊行(ゆぎょう)などに持ち歩いたりもしたので守本尊(まもりほんぞん)ともいう。小形のものを厨子(ずし)や龕(がん)に安置する例が多いが、住居内の一室を堂としたり、独立した持仏堂を建てて大きな像を安置することもある。法隆寺の橘(たちばな)夫人厨子内の阿弥陀(あみだ)三尊は、光明(こうみょう)皇后の母橘夫人の、わが国最古の念持仏として名高い。弘法大師(こうぼうだいし)が唐から持ち帰って枕本尊にしたといわれる金剛峯寺(こんごうぶじ)の諸尊仏龕は、香木の白檀(びゃくだん)から龕、仏身、その他の装飾まで彫り出したもので、蓋(ふた)をすると移動に便利な1個の砲弾形になる。[佐藤昭夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の念持仏の言及

【仏像】より

…〈阿弥陀三尊〉のように中尊が如来,脇侍が2体の菩薩像である場合が一般的である。またこうした1セットが個人的な礼拝対象となったり(念持仏(ねんじぶつ)),旅に携帯しやすいようにつくられたり(枕(まくら)本尊)する。特殊な形態として龕(がん)像,碑像,幢(どう)像,懸仏(かけぼとけ)などがある。…

※「念持仏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

念持仏の関連キーワード持仏帰依僧帰依仏帰依法帰命頂礼持仏棚持仏堂内仏南無帰命頂礼仏殿

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

念持仏の関連情報