コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘家円太郎(4代) たちばなや えんたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘家円太郎(4代) たちばなや-えんたろう

1845-1898 明治時代の落語家。
弘化(こうか)2年5月11日生まれ。初代三遊亭円朝の門人で,初名は万朝。円好をへて4代を襲名。乗合馬車らっぱをふいて高座にあがったので「らっぱの円太郎」とよばれた。ここから乗合馬車を「円太郎馬車」とよぶようになった。明治31年11月4日死去。54歳。江戸出身。本名は石井菊松。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

橘家円太郎(4代)の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門マルクス経済学内閣総理大臣アメリカ・スペイン戦争チェーホフコルベ(Adolf Wilhelm Hermann Kolbe)オセアニア史(年表)ガニベ・イ・ガルシアハワイ併合伊藤博文内閣

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android