コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

らっぱ

2件 の用語解説(らっぱの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

らっぱ

古代の中国で,軍事の信号などに用いられた金属製管楽器の名。喇叭,喇吧,喇,囉叭などの字も当てられる。漢字の〈喇〉は早口(はやくち),〈叭〉は大口をあける意味だとされているが,ほかにもさまざまな字を当てた例がある。その名はサンスクリットからきた語だともいわれるが,確証はない。管末の開口部の広がりが,アサガオの花のような形をしている小銅角と,チューリップ形をした大銅角という両タイプがあり,喇叭という語を狭義に使った場合は前者のほうを指した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

らっぱ
らっぱ / 喇叭

金属製の管楽器を漠然と総称する俗語。語源としては、古代中国で軍用信号器として使われていた喇叭、サンスクリット語のrava(叫ぶ)などが考えられるが、定説はない。やや厳密な用語としては、リップリード(口唇を発音源とする)のトランペットホルンビューグルなどに限定することもあるが、外形(円筒管、朝顔)、音量(大)、音色(華やか)などが類似した「豆腐屋のらっぱ」「チャルメラ」(いずれもダブルリード)などの楽器や、「蓄音機のらっぱ」「(キセルの別名としての)らっぱ」「らっぱズボン」など楽器以外にも転用されるし、「らっぱを吹く(ほらを吹く、大言壮語する)」のように慣用句にも応用されている。日本に楽器らっぱが伝えられたのは、幕末にイギリスフランスの兵法の一部としてであった。[山口 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のらっぱの言及

【楽器】より

…さらに金属を用いるようになると,鐘やチター系弦楽器が現れる。さらにハープ系弦楽器は前3000年代に,両面太鼓は前2000年代に,シンバルやリュート系弦楽器,金属製のらっぱなどは前1000年以後に現れたといわれる。紀元後に初めて現れたものには,笙,銅鑼(ゴング),弓奏弦楽器などがあるとされる。…

【金管楽器】より

…唇の振動で音をつくる管楽器の総称。俗にいうらっぱの類。西洋の主流的な楽器でこれに属するものが,各種とも金属製であることから来た呼び方。…

※「らっぱ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

らっぱの関連情報