橘常主(読み)たちばなの つねぬし

  • 橘常主 たちばなの-つねぬし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

787-826 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
延暦(えんりゃく)6年生まれ。橘奈良麻呂の孫。淡海三船(おうみの-みふね)の外孫。橘安吉雄(あきお)の父。蔵人頭(くろうどのとう),左中弁,修理大夫(しゅりのだいぶ)をへて,弘仁(こうにん)13年参議となり,弾正大弼(だんじょうのだいひつ),下野守(しもつけのかみ)をつとめた。嵯峨(さが)天皇の側近として「弘仁格式(きゃくしき)」の編集に参加したが,完成をみずに天長3年6月2日死去。40歳。(まき)の上に座して焼死したという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android