コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘常主 たちばなの つねぬし

1件 の用語解説(橘常主の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘常主 たちばなの-つねぬし

787-826 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
延暦(えんりゃく)6年生まれ。橘奈良麻呂の孫。淡海三船(おうみの-みふね)の外孫。橘安吉雄(あきお)の父。蔵人頭(くろうどのとう),左中弁,修理大夫(しゅりのだいぶ)をへて,弘仁(こうにん)13年参議となり,弾正大弼(だんじょうのだいひつ),下野守(しもつけのかみ)をつとめた。嵯峨(さが)天皇の側近として「弘仁格式(きゃくしき)」の編集に参加したが,完成をみずに天長3年6月2日死去。40歳。薪(まき)の上に座して焼死したという。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

橘常主の関連キーワードボーイング787ドリームライナーエアバスA350-XBW旅客機近年の動向認知額田今足リチウムイオン電池ボーイング747航空宇宙産業特区大画面ディスプレーボーイング787型機事故

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone