コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘知茂 たちばなの とももち

2件 の用語解説(橘知茂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘知茂 たちばなの-とももち

?-1263 鎌倉時代の公家。
橘知宣(とものぶ)の孫。西園寺(さいおんじ)家の家司(けいし)。西園寺実氏(さねうじ)につかえる。若狭守(わかさのかみ),弾正大弼(だいひつ),備中(びっちゅうの)守などを歴任。安芸(あき)(広島県)沼田(ぬたの)荘,筑前(ちくぜん)(福岡県)宗像(むなかた)社の預所(あずかりどころ)などをつとめ,実氏の娘大宮院の御所である五条殿の造営も担当した。正四位下。弘長(こうちょう)3年死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

橘知茂

没年:弘長3(1263)
生年:生年不詳
鎌倉時代西園寺家の家司。西園寺実氏やその娘の大宮院に仕えた。実氏の知行する備前国(岡山県)の目代,同家が領家職を有する安芸国(広島県)沼田庄,筑前国宗像社の預所などをつとめ,多大の富を蓄えた。瀬戸内海海上交通日宋貿易に関与していた可能性も考えられる。大宮院の御所である五条殿を2度にわたって造営したことが『五代帝王物語』にみえている。知茂の一族と西園寺家との関係は鎌倉時代を通じて続いており,彼らの活動は同家の興隆を経済的に支える役割を果たしていたといえよう。<参考文献>五味文彦『武士と文士の中世史』,網野善彦「西園寺家とその所領」(『国史学』146号)

(本郷恵子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

橘知茂の関連キーワード西園寺実氏西園寺西園寺公相西園寺公基西園寺実材母西園寺実永西園寺実宣西園寺実宗橋本実俊源顕子

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone