コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

機能性農作物 キノウセイノウサクブツ

2件 の用語解説(機能性農作物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きのうせい‐のうさくぶつ【機能性農作物】

品種改良や生産方法の改良などにより、疲労回復・老化防止・生活習慣病予防などに効果があるとされる成分(機能性成分)を通常よりも多く含んだ農産物の総称。機能成分高含有農産物。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

機能性農作物
きのうせいのうさくぶつ

品種改良や栽培方法の工夫により、特定の栄養素を追加したり、本来の量よりも増やした農作物生活習慣病や認知症の予防に役だつような栄養素が通常の農作物よりも多いのが特長で、ルチンを増やしたソバ、アントシアニンを増やしたジャガイモアミロースを増やした米、メチル化カテキンを増やした緑茶、β(ベータ)カロテンを増やしたサツマイモなどがある。国も研究開発を後押ししており、農林水産省は2012年度(平成24)補正予算20億円に基づき「機能性をもつ農林水産物・食品開発プロジェクト」をスタート。「食後血糖上昇を抑制する表面研削加工玄米やその加工食品の開発」(筑波大学医学医療系)、「認知機能障害予防作用をもつケルセチン高含有タマネギの栽培技術及び加工食品の開発」(徳島大学大学院)など多くのプロジェクトに研究費の支援を行う。しかし、「機能性」の定義はなく、あくまで自称。消費者庁から許可を受ける「特定保健用食品(トクホ)」とは異なり、ラベルなどに具体的な効用を記すことはできない。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

機能性農作物の関連キーワード川上善兵衞突然変異育種異系交配改良種雑種細胞相対的剰余価値品質改良剤岩槻信治斎藤勝広松岡直右衛門

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

機能性農作物の関連情報