コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檜垣常晨 ひがき つねあき

1件 の用語解説(檜垣常晨の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

檜垣常晨 ひがき-つねあき

1582-1662 江戸時代前期の神職。
天正(てんしょう)10年生まれ。寛永4年(1627)伊勢神宮外宮(げくう)の長官となる。寛永年間に埋没した外宮別宮遥拝所の石列をもとの姿にもどすなど境内の整備につくした。寛文2年5月14日死去。81歳。伊勢(三重県)出身。本姓は度会(わたらい)。著作に「外宮法式大概」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

檜垣常晨の関連キーワード伊丹勝長江戸座からくり三方五湖古筆了佐明智光秀江馬輝盛斎藤利三清水宗治諏訪勝右衛門の妻

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone