コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檜垣常晨 ひがき つねあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

檜垣常晨 ひがき-つねあき

1582-1662 江戸時代前期の神職。
天正(てんしょう)10年生まれ。寛永4年(1627)伊勢神宮外宮(げくう)の長官となる。寛永年間に埋没した外宮別宮遥拝所の石列をもとの姿にもどすなど境内の整備につくした。寛文2年5月14日死去。81歳。伊勢(三重県)出身。本姓度会(わたらい)。著作に「外宮法式大概」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

檜垣常晨の関連キーワード天正神職

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android