コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山登万和 やまとまんわ

2件 の用語解説(山登万和の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山登万和
やまとまんわ

[生]嘉永6 (1853).11.24. 江戸
[没]1903.5.23. 東京
山田流箏曲家,作曲家。本姓大須賀。都名(いちな)は万和一。幼時に失明し,2世山勢検校に師事する。明治2(1869)年検校となる。2世山登検校没後,3世山登継承前の頃山登を名のるが,山登派家元の代数には数えられない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山登万和 やまと-まんわ

1853-1903 明治時代の箏曲(そうきょく)家。
嘉永(かえい)6年11月24日生まれ。山田流。2代山勢検校(やませけんぎょう)にまなび,明治2年山登検校。江戸の本郷天神町にすみ,「天神町の山登」とよばれ,山登家3代家元の松齢と区別された。明治36年5月23日死去。51歳。本姓は大須賀。作品に「須磨の嵐」「菊水」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の山登万和の言及

【四季の詠(四季の眺)】より

…(3)四季の詠 山田流箏曲の曲名。山登万和(まんわ)(1853‐1903)作曲の初学者向きの曲。(2)と同じく四季の風物をうたったもの。…

【山勢派】より

…箏曲家としては,《かざしの雪》の作曲者とも擬される。門下には,3世山勢のほか,山登万和(1853‐1903)や,松翁流胡弓家でもあった初世町田杉勢(1843‐1929)などがある。 3世山勢(1845‐1908∥弘化2‐明治41)は,下谷で幕府徒士頭吉田義方(慶助)の次男として生まれた。…

【山登派】より

…1879年3世山登を襲名,山登松齢と名のる。山勢派の山登万和(1853‐1903∥嘉永6‐明治36)も,山登または大和を称したので,それぞれの住所により,松齢を合羽坂の山登,万和を天神町の山登といって区別された。作品に《田植の幸》《臼の声》《(新玉の)四季の遊》などがある。…

※「山登万和」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山登万和の関連キーワード大月忠道大湾ユキ櫛田栄清高野茂富崎宗順松本操貞八重村琴楽八重村検校山勢ふく山登検校(2代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone