コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌切 ウタギレ

大辞林 第三版の解説

うたぎれ【歌切】

手鑑てかがみに貼ったり、または掛物を作るために、和歌を書いた巻物・冊子などの古人の筆跡を適当な大きさに切り取ったもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の歌切の言及

【古筆】より

…そのために古筆巻物の切られることも激しくなり,その流行にともない,筆跡の鑑定をおこなう古筆了佐のような専門家もあらわれた。古筆切はそのほとんどが歌切,文切,経切からなり,ことに歌切が多い。歌切は勅撰あるいは私撰の和歌集,歌合(うたあわせ),《和漢朗詠集》の断簡など,文切は物語,縁起,手本,歌論書,漢籍,書状消息など,経切は写経および律,論の仏書などである。…

※「歌切」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

歌切の関連キーワード葦手切れ寂蓮掛物筆跡和歌