コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌切 ウタギレ

デジタル大辞泉の解説

うた‐ぎれ【歌切】

和歌の冊子・巻物などにある古人の名筆を、手鑑(てかがみ)にはりつけたり掛け物に仕立てたりするのに適した大きさに切り取ったもの。古今集高野切(こうやぎれ)、小野道風本阿弥切(ほんあみぎれ)など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うたぎれ【歌切】

手鑑てかがみに貼ったり、または掛物を作るために、和歌を書いた巻物・冊子などの古人の筆跡を適当な大きさに切り取ったもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の歌切の言及

【古筆】より

…そのために古筆巻物の切られることも激しくなり,その流行にともない,筆跡の鑑定をおこなう古筆了佐のような専門家もあらわれた。古筆切はそのほとんどが歌切,文切,経切からなり,ことに歌切が多い。歌切は勅撰あるいは私撰の和歌集,歌合(うたあわせ),《和漢朗詠集》の断簡など,文切は物語,縁起,手本,歌論書,漢籍,書状消息など,経切は写経および律,論の仏書などである。…

※「歌切」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone