コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌川国政 うたがわくにまさ

2件 の用語解説(歌川国政の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歌川国政
うたがわくにまさ

[生]安永2(1773).会津
[没]文化7(1810).11.30. 江戸
江戸時代後期の浮世絵師。俗称佐藤甚助。号は一寿斎。初め紺屋職人であったと伝えられる。1世歌川豊国に認められ門人となる。役者似顔絵,特に大首絵が得意でやや誇張した表現がみられる。主要作品『市川鰕蔵 (えびぞう) の暫 (しばらく) 』『岩井喜代太郎の千代』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日日本歴史人物事典の解説

歌川国政

没年:文化7.12.1(1810.12.26)
生年:安永2(1773)
江戸後期の浮世絵師。会津に生まれ,早い時期に江戸に出た。俗称甚助。一寿斎と号した。当初紺屋で働いたが芝居好きで役者の似顔を描くのを得意とし,やがて初代歌川豊国に入門。寛政8(1796)年ごろから作画を開始した。錦絵では役者似顔絵が主であるが,制作点数の少ない美人画にも佳品がある。寛政11年の絵本『俳優楽室通』では師と合作するなど期待された存在だったが,なぜか文化2,3(1805,06)年ごろに画業を廃した。その後は役者似顔の面を製造販売したという。国政の役者似顔絵は,色面と描線の単純化を推し進め,戯画的な傾向を強めているのが特色である。

(大久保純一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌川国政の関連キーワード司馬江南初代歌川国貞歌川豊麿鳥居清次藤麿籟堂葛飾北洋文康菊川派葛飾為斎

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

歌川国政の関連情報