コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能狂言 ノウキョウゲン

6件 の用語解説(能狂言の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

のう‐きょうげん〔‐キヤウゲン〕【能狂言】

狂言
狂言のこと。歌舞伎狂言俄(にわか)狂言などと区別するため、江戸時代になって使われだした語。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

能狂言

能楽における狂言、いわゆる“狂言”のことで、歌舞伎狂言などと区別するために特にいう。高度に様式化されており、演出の作業は不要。かがり火の灯りのもとで演じる薪能(たきぎのう)がある。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
とっさの日本語便利帳について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

能狂言

古典落語の演目のひとつ。上方ばなし。「但馬の殿様」「お能狂言」「能芝居」とも。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のうきょうげん【能狂言】

能の狂言の意。能に付随する狂言は,通常はたんに狂言と呼ばれ,狂言方,狂言師,狂言面,狂言装束のように称されるが,歌舞伎台本ないし演(だ)しものをも狂言というようになったため,それと区別して,とくに能狂言と呼んだ。また,能と狂言の意で用いられた例もある。狂言【味方 健】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

のうきょうげん【能狂言】

能と狂言。
能楽の狂言。歌舞伎狂言に対していう。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

能狂言
のうきょうげん

狂言の別称。狂言の語は、江戸中期以後になると歌舞伎(かぶき)の外題(げだい)をも称するようになり、さらに普遍して演劇の別名のように使われることになったため、江戸後期から、本来の狂言は能とともに演じられる狂言の意で、能狂言ともよばれるようになった。しかし、この語は「能と狂言」の意味にもとられ、適当でなく、今日では「狂言」というほうが一般的となっている。[小林 責]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

能狂言の関連情報