コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿国歌舞伎 おくにかぶき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿国歌舞伎
おくにかぶき

出雲の阿国が創始した芸能。初期歌舞伎全体をさす場合もある。「ややこおどり」などの,女性による風流系の小歌踊を演じて諸国を回っていた阿国が,慶長8 (1603) 年京都北野天満宮境内で,当時流行していたかぶき者 (他と異なる服装や行動をする若者) の茶屋通いの風俗を取り入れた「かぶき踊」を演じて人気を博した。念仏踊や,名古屋山三 (→名古屋山三郎 ) を舞台に登場させるなど新奇な工夫を凝らしている。三味線はまだなく,猿若という道化役者が加わっていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

おくにかぶき【阿国歌舞伎】

江戸初期、出雲大社の巫女みこといわれる阿国が、京都で、当時流行の念仏踊りや狂言を卑俗化して演じた歌舞・寸劇。歌舞伎の始めとされる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿国歌舞伎
おくにかぶき

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

阿国歌舞伎の関連キーワード野村 万之丞(5代目)オーディトリアム昔話稲妻表紙チャッキラコ歌舞伎舞踊歌舞伎草子四条河原出雲阿国女歌舞伎真由子出雲女優狂言

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

阿国歌舞伎の関連情報