コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正しいせきのしかた ただしいせきのしかた

1件 の用語解説(正しいせきのしかたの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ただしいせきのしかた【正しいせきのしかた】

 肺は、気道(きどう)(気管支(きかんし))を通じて、外の世界とふれている臓器です。
 肺は、外界から有害な菌や異物が入ってこないように、さまざまなしくみで守られています。せきはその1つで、気道に入ってきた菌や食べかすなどの異物を体外に排除しようとする反射運動です。
 このたいせつな反射運動は、高齢になればなるほどおこりにくく、また脳の障害(脳卒中(のうそっちゅう)など)、意識の障害があると、とてもおこりにくくなります。
 健康な人の口の中にも、ふつうは無害な多くの細菌がいますが、お年寄りになると口の中をきれいにしておくということ(口腔(こうくう)ケア)に対する関心がうすくなり、加えて、重い病気があると栄養状態が悪くなったり、抗生物質が使用されたりして、口の中の無害な菌と有害な菌のバランスがくずれ、有害な菌が増えたりすることがあります。
 また、歯周病(ししゅうびょう)(歯槽膿漏(しそうのうろう))なども口の中の有害な菌を増やす原因となります。
 口腔ケアがうまくなされていないと、お年寄りは、せきで十分に菌の排除ができないことが多く、肺炎がおこりやすくなります。
 また、せきをせき止め薬などによって止めると、菌や異物を肺にためることになり、肺炎がおこりやすくなります。
 深い効果的なせきをするには、息を十分に吸い込んで、気道の中に入り込んだ物を外へ出すようにすることがたいせつです。
 また、たんがからむと、せきの効果がうまくでませんから、水分を十分にとり、空気が乾燥する冬などは、加湿器によって部屋の湿度を50%以上に保ち、たんのねばりを少なくして、きれをよくしておくことがたいせつです。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone