コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正嘉の飢饉 しょうかのききん

1件 の用語解説(正嘉の飢饉の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうかのききん【正嘉の飢饉】

1258年(正嘉2)以後数年間続いた全国的飢饉。58年6月の霖雨(ながあめ)と寒気に加えて8月10日の台風のため全国的に大凶作となり,冬から翌59年(正元1)春夏にかけて惨状が展開した。59年4月の麦収穫以後も,都で小尼が死人を食したとうわさされるなど飢餓状態が続き,疫病が流行した。一例として61年(弘長1)10月になっても武蔵国豊嶋郡江戸郷内前嶋村では百姓がいなくなり公事を負担できなくなっているように,各地で百姓の逃亡・死亡により年貢・公事が滞る状態になっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

正嘉の飢饉の関連キーワード古活字版下刈り輪タク近年正嘉数年年来興国寺妙源寺臨界事故隠し

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone