コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正嘉の飢饉 しょうかのききん

1件 の用語解説(正嘉の飢饉の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうかのききん【正嘉の飢饉】

1258年(正嘉2)以後数年間続いた全国的飢饉。58年6月の霖雨(ながあめ)と寒気に加えて8月10日の台風のため全国的に大凶作となり,冬から翌59年(正元1)春夏にかけて惨状が展開した。59年4月の麦収穫以後も,都で小尼が死人を食したとうわさされるなど飢餓状態が続き,疫病が流行した。一例として61年(弘長1)10月になっても武蔵国豊嶋郡江戸郷内前嶋村では百姓がいなくなり公事を負担できなくなっているように,各地で百姓の逃亡・死亡により年貢・公事が滞る状態になっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

正嘉の飢饉の関連キーワードアラブ文学アッバース朝西アジア史アラビア書道イルハン国オスマン興国寺バグダッド旭烈兀妙源寺

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone