コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正寝 セイシン

デジタル大辞泉の解説

せい‐しん【正寝】

正殿。表御殿。
紫宸殿(ししんでん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいしん【正寝】

表御殿おもてごてん。正殿。
紫宸殿ししんでん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の正寝の言及

【紫宸殿】より

…〈ししいでん〉とも読む。内裏の南部分にある第1の御殿で,南殿(なでん),南大殿,前殿,正寝,正殿ともいう。はじめは節会,季御読経(きのみどきよう),立后,立太子,天皇元服等の通常の公事が行われたが,大極殿(だいごくでん)の廃亡とともに即位や大嘗会(だいじようえ),朝賀等重要な儀式も行われるようになった。…

※「正寝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

正寝の関連キーワード大覚寺障壁画大覚寺御所跡狩野山楽渡辺始興表御殿大覚寺寝殿造正殿

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android