コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正常ゼーマン効果 normal Zeeman effect

1件 の用語解説(正常ゼーマン効果の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

正常ゼーマン効果【normal Zeeman effect】

スペクトル線が磁場の影響により多重線に分裂する現象.特にスピン量子数 S=0の間の遷移では,高い準位と低い準位の分裂幅が等しく,遷移の選択率は磁気量子数の変化 ⊿m=0,±1に限られているので,スペクトル線は等間隔の3本線となり,その間隔は μBH(μBボーア磁子)となる.

この現象をもとにゼーマンの師であったH. A. ローレンツは電子の存在を確証し,さらに電子の比電荷を求めることに成功した.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

世界大百科事典内の正常ゼーマン効果の言及

【ゼーマン効果】より

…振動数のずれ⊿νの大きさは磁束密度に比例し,1T当りe/4πm=1.400×1010Hz(波数に換算すると1T当り46.70m-1)である。このように1本の発光線が磁場をかけると偏光した3本の等間隔な線に分裂する特性は,カドミウムや亜鉛での観測結果およびローレンツの古典論の結論に一致するので正常ゼーマン効果と呼ばれる。 しかし,多くの場合,発光線の分裂はもっと複雑である。…

※「正常ゼーマン効果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone