コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正常ゼーマン効果 normal Zeeman effect

1件 の用語解説(正常ゼーマン効果の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

正常ゼーマン効果【normal Zeeman effect】

スペクトル線が磁場の影響により多重線に分裂する現象.特にスピン量子数 S=0の間の遷移では,高い準位と低い準位の分裂幅が等しく,遷移の選択率は磁気量子数の変化 ⊿m=0,±1に限られているので,スペクトル線は等間隔の3本線となり,その間隔は μBH(μBボーア磁子)となる.

この現象をもとにゼーマンの師であったH. A. ローレンツは電子の存在を確証し,さらに電子の比電荷を求めることに成功した.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の正常ゼーマン効果の言及

【ゼーマン効果】より

…振動数のずれ⊿νの大きさは磁束密度に比例し,1T当りe/4πm=1.400×1010Hz(波数に換算すると1T当り46.70m-1)である。このように1本の発光線が磁場をかけると偏光した3本の等間隔な線に分裂する特性は,カドミウムや亜鉛での観測結果およびローレンツの古典論の結論に一致するので正常ゼーマン効果と呼ばれる。 しかし,多くの場合,発光線の分裂はもっと複雑である。…

※「正常ゼーマン効果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

正常ゼーマン効果の関連キーワード輝線スペクトル原子スペクトル質量スペクトルスペクトル型発光スペクトル分子スペクトル連続スペクトル火花スペクトル炎光スペクトルパッシェン‐バック効果

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone