コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正当行為(読み)せいとうこうい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正当行為
せいとうこうい

形式上犯罪となるが,社会生活上実質的な違法性を欠き法秩序全体の見地から許容されるものとして,罪とならない行為のこと。刑法 35条は法令による行為と並んで正当な業務による行為を罰しないとするが,これをやや拡張解釈し,同条を根拠とし違法性阻却事由の一種として認められる。いかなる行為が刑法上正当行為として評価されるかは,法秩序全体の精神に基づき個別的,具体的に検討されなければならないが,一般に,害される法的利益に劣らない利益を保全しまたは実現するための行為で,かつ手段が社会観念上妥当であることを要件とすると解されている。刑法上正当行為とされるものに労働争議行為,各種スポーツ,被害者の承諾による行為,安楽死,自救行為などがあるが,これらすべての条文上の根拠を 35条に求めることには批判的な学説もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せいとう‐こうい〔セイタウカウヰ〕【正当行為】

法令による行為、正当な業務による行為など、違法性がないものとして罰せられない行為の総称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいとうこうい【正当行為】

刑法上、違法性を欠くために罪とならない行為。法令による行為や正当業務による行為など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正当行為の関連情報