正暦寺(読み)しょうりゃくじ

世界大百科事典内の正暦寺の言及

【清酒】より

…15世紀末になると,3度にわけて仕込む三段仕込法が奈良興福寺の塔頭(たつちゆう)多聞院で行われ,さらに16世紀後期には同寺で酒の保存性をよくするための加熱殺菌法を行っている。一方,これまで原料米は蒸米用のみ精白米,こうじ用には粗白米が使われていたが,現在の奈良市にある菩提山正暦寺では,16世紀末に蒸米とこうじの両方に精白米を使った酒造を初めて行い,南都諸白(なんともろはく)と通称された同寺の酒〈菩提泉(ぼたいせん)〉は天野酒を圧倒した。また菩提泉は乳酸発酵を利用した菩提酛(ぼだいもと)という酒母製造法を開発し,その技法はのちの生酛(きもと)のなかに受け継がれた。…

【大安寺】より

…十一面観音菩薩像(重要文化財)をはじめとする8世紀後半から9世紀初頭にかけての一群の木造尊像が残存し,なかでも千手観音(伝馬頭観音),楊柳観音菩薩像(いずれも重要文化財)などは初期密教彫像として貴重である。なお《大安寺伽藍縁起幷流記資財帳》(重要文化財)は,奈良市菩提山町の正暦(しようりやく)寺に伝えられている。【宮本 長二郎】。…

※「正暦寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android