コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正田篠枝 しょうだ しのえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正田篠枝 しょうだ-しのえ

1910-1965 昭和時代の歌人。
明治43年12月22日生まれ。正田誠一の姉。杉浦翠子(すいこ)にまなぶ。昭和20年8月6日広島で被爆。その悲惨な風景をよんだ歌集「さんげ」を,22年私家版として秘密裏に出版。37年「耳鳴り―原爆歌人の手記」として公刊された。昭和40年6月15日原爆症で死去。54歳。広島県出身。安芸高女卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

正田篠枝の関連キーワード原爆文学昭和時代

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android