正親町忠季(読み)おおぎまち ただすえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正親町忠季 おおぎまち-ただすえ

1322-1366 南北朝時代の公卿(くぎょう)。
元亨(げんこう)2年生まれ。正親町公蔭(きんかげ)の子。侍従,左近衛(さこんえの)中将,蔵人頭(くろうどのとう)などをへて,康永元=興国3年参議。延文2=正平(しょうへい)12年権(ごんの)大納言。正二位。貞治(じょうじ)5=正平21年2月22日死去。45歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android