コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武夷山脈 ぶいさんみゃく Wǔ yí shān mài

2件 の用語解説(武夷山脈の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぶいさんみゃく【武夷山脈 Wǔ yí shān mài】

中国の江西省と福建省の省境を北東から南西に走る山脈で,北は仙霞嶺に,南は九連山につながる。贛江(かんこう)と閩江(びんこう)の分水嶺で,標高は1000m前後。武夷君という神仙がいたというのでこの名がある。主峰の黄崗山は標高2158mで,福建省崇安県の北西にある。崇安県の南西にある武夷山(約600m)は福建省第一の名山として知られる。周囲は渓谷でかこまれ,その景観は〈渓曲三三水〉(つまり九曲渓),〈山環六六峰〉(つまり三六峰)と称される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武夷山脈
ぶいさんみゃく / ウーイーシャン

中国南東部、江西省と福建省の省境を北東から南西に走る山脈。杉嶺(さんれい)ともいう。全長約500キロメートル、標高1000~1500メートルで、最高峰は黄崗(おうこう)山(2158メートル)。江西・福建両省をくぎる障壁となっていたが、(びんこう)水系の谷に通じる楓嶺関(ふうれいかん)、鉄牛関、分水関、甘家隘(かんかあい)、杉関(さんかん)などの峠が開かれ交通路となっている。江西省から福建省に通じる鷹厦(ようか)鉄道は鉄牛関を越える。北部山麓(さんろく)の崇安(すうあん/チョンアン)県内は風景区に指定される名勝の地で、また、黄崗山を中心とする高山部は動植物の自然保護区となっており、とくに両生類の生息地として有名である。[青木千枝子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武夷山脈の関連キーワード井崗山太行山脈瑞金大庾嶺長汀南嶺山脈福建揚州土楼

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone