コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

贛江 カンコウ

4件 の用語解説(贛江の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かん‐こう〔‐カウ〕【贛江】

中国江西省中部を北流する川。南嶺山脈に源を発して鄱陽(はよう)湖に注ぎ、さらに揚子江に連絡。長さ758キロ。カンチァン。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かんこう【贛江 Gàn jiān】

中国,長江(揚子江)の大支流の一つ。東南山地の武夷山脈,羅霄(らしよう)山脈,大庾(だいゆ)嶺に源を発し,北流して広大な沖積平野を形成しながら鄱陽(はよう)湖に注ぐ。その河口部には内陸三角州が発達している。流域面積は8万1600km2,江西省の大半を含む。長さは758km。源流は東西に分かれ,東を貢水,西を章水といい,合した本流も両字を合して贛としたという。合流地点にある都市が贛州である。贛州より下流は,万安~吉安間には〈十八灘の険〉と呼ばれるような難所もあるが,遡航が可能で,清江(樟樹鎮)で袁江を合してよりはとくに水運が発達し,吉安,南昌を経て鄱陽湖を渡り,九江で長江水運と結びつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんこう【贛江】

中国、江西省中部を北流して鄱陽はよう湖に入る河川。長さ758キロメートル。省南部と長江を結ぶ重要な水路。贛水。カン-チアン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


かんこう / カンチヤン

中国、江西(こうせい/チヤンシー)省の最大の川。長江(ちょうこう/チャンチヤン)(揚子江(ようすこう/ヤンツーチヤン))水系に属する。源流は二つあり、東源の貢水(こうすい)は武夷(ぶい/ウーイー)山脈に、西源の章水は南嶺(なんれい/ナンリン)の一つの大(だいゆれい/ターユイリン)に源を発し、(かんしゅう/カンチョウ)で合流する。の字は源流の章水と貢水の2字を合成したものである。江は合流後、北流し、吉安(きつあん/チーアン)、清江(せいこう/チンチヤン)、豊城(ほうじょう/フォンチョン)を経て南昌(なんしょう/ナンチャン)に至り、十数本の分流に分かれて陽湖(はようこ/ポーヤンフー)に入る。全長758キロメートル。流域面積8万平方キロメートル余で、江西省のなかば以上を占め、州より下流は航行可能である。この川に沿って京九鉄道(北京(ペキン)―九竜(きゅうりゅう/チウロン)〔香港(ホンコン)〕)が通っている。[河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

贛江の関連キーワード長江揚子江揚子江気団江蘇江北蜀江潯陽巫山長江(揚子江)デルタ地帯揚子江デルタ地帯

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone