コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武市喜久馬 たけち きくま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武市喜久馬 たけち-きくま

1847-1874 明治時代の軍人。
弘化(こうか)4年生まれ。維新後,近衛隊付陸軍少尉となったが,征韓論がやぶれたため,西郷隆盛,板垣退助らにしたがって辞職。兄熊吉らと岩倉具視(ともみ)をおそったが失敗(赤坂喰違(くいちがい)の変),捕らえられ同志8人とともに明治7年7月9日処刑された。28歳。土佐(高知県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

武市喜久馬の関連キーワード明治時代弘化

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android