コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武市喜久馬 たけち きくま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武市喜久馬 たけち-きくま

1847-1874 明治時代の軍人。
弘化(こうか)4年生まれ。維新後,近衛隊付陸軍少尉となったが,征韓論がやぶれたため,西郷隆盛,板垣退助らにしたがって辞職。兄熊吉らと岩倉具視(ともみ)をおそったが失敗(赤坂喰違(くいちがい)の変),捕らえられ同志8人とともに明治7年7月9日処刑された。28歳。土佐(高知県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

武市喜久馬の関連キーワード明治時代弘化

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android