コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武田仰天子 たけだ ぎょうてんし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田仰天子 たけだ-ぎょうてんし

1854-1926 明治-大正時代の小説家。
嘉永(かえい)7年7月25日生まれ。明治22年「都の花」に「三都(みつ)の花」を発表して関西文壇に登場。30年東京朝日新聞に入社,「諏訪都」「明智光秀」などの歴史小説を連載して好評を博した。大正15年4月10日死去。73歳。大坂出身。本名は穎(えい)。作品はほかに「蝦夷錦」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

武田仰天子の関連キーワード大正時代小説家嘉永