コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蝦夷錦 エゾニシキ

デジタル大辞泉の解説

えぞ‐にしき【蝦夷錦】

蝦夷地を経て伝えられたところから》中国産の錦。赤地紺地または緑地金糸銀糸などで、雲竜(うんりょう)の文様を織り出したもの。今は京都の西陣でも作り、袈裟(けさ)地、装飾用に使う。えぞでにしき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えぞにしき【蝦夷錦】

中国産の錦。縹はなだ色の地に雲竜・波濤はとうなどを織り出したもの。袈裟けさなどに用いられた。江戸期に大陸と交易したアイヌがもたらしたことからいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蝦夷錦の関連キーワード武田仰天子山靼交易アイヌ玉泉堂波濤とう大陸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android