コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武田定清 たけだ さだきよ

2件 の用語解説(武田定清の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田定清 たけだ-さだきよ

1653-1712 江戸時代前期-中期の武士。
承応(じょうおう)2年生まれ。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。藩主津軽信政に重用され,岩木川の掘りかえ,新検地などを断行。大目付兼元締役になるが,元禄(げんろく)8年の飢饉(ききん)の際,罷免される。宝永元年勘定奉行に再任されるが,藩主津軽信寿(のぶひさ)に解任され,切腹を命じられた。正徳(しょうとく)2年2月22日死去。60歳。本姓は櫛引。通称は源左衛門

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

武田定清

没年:正徳2.2.22(1712.3.28)
生年:承応2(1653)
江戸前期弘前藩(青森県)の重臣。櫛引建貞の子。はじめ櫛引を称し,のち武田。源左衛門。4代藩主津軽信政に仕え,元締役を務め,貞享年間(1684~88)の領内総検地を実施し,また岩木川の掘り替えをおこなうなど,同藩の財政を管掌する役目を負った。近世前期の典型的な地方巧者であり,能吏でもあった。5代藩主津軽信寿に嫌われ,切腹を命じられ,弘前で死去。

(長谷川成一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武田定清の関連キーワード常行賀古養節狩野柳雪古白佐野郷成志方玄求島村紹億太兵衛米倉昌照汶村

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone