コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武田定清 たけだ さだきよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田定清 たけだ-さだきよ

1653-1712 江戸時代前期-中期の武士。
承応(じょうおう)2年生まれ。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。藩主津軽信政に重用され,岩木川の掘りかえ,新検地などを断行。大目付兼元締役になるが,元禄(げんろく)8年の飢饉(ききん)の際,罷免される。宝永元年勘定奉行に再任されるが,藩主津軽信寿(のぶひさ)に解任され,切腹を命じられた。正徳(しょうとく)2年2月22日死去。60歳。本姓櫛引。通称は源左衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

武田定清

没年:正徳2.2.22(1712.3.28)
生年承応2(1653)
江戸前期弘前藩(青森県)の重臣。櫛引建貞の子。はじめ櫛引を称し,のち武田。源左衛門。4代藩主津軽信政に仕え,元締役を務め,貞享年間(1684~88)の領内総検地を実施し,また岩木川の掘り替えをおこなうなど,同藩の財政を管掌する役目を負った。近世前期の典型的な地方巧者であり,能吏でもあった。5代藩主津軽信寿に嫌われ,切腹を命じられ,弘前で死去。

(長谷川成一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

武田定清の関連キーワード武田源左衛門没年

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android